スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅ればせながら触れておきます
東京都の青少年育成条例改正案が問題になってますね。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/09/news103.html

まとめサイト
http://mitb.bufsiz.jp/

描き手でありながら何の活動もしていない私には大層な事は言えませんし、ネット上ではこの話題もかなり広がっていて詳しく解説されてるところも多いので今更何をいわんやですが、あまり関心の無い人達にもこれのなにが危険なのかと言うと、

・・・詳しくはまとめでも読んでっと無責任に言っておきますがw
成人向けロリ漫画が撲滅されるとかそういう局所的な問題ではありません。
影響が東京ローカル限定というのもあり得ません。
創作表現の大幅規制に繋がりかねないと言う事だけは認識して欲しいものです。

今回不意打ち的に改正案が出され、あまりの内容に皆半信半疑だったようですが、危険性を認識した業界の偉い人達も動き始めました。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100315/trd1003150712002-n1.htm

まぁ規制推進派の人達は、とにかくポルノに類するものは撲滅したいって人達と乗じて利権を拡大したい人達が手を組んでいて、こちら側と意見交換する気もなければ業界の行く末なども気にも留めてないような人達ですから、はっきり敵と認識した方が良いんじゃないでしょうか。
真に健全化(どうやって?と言うのはひとまず置いておきますが)を議論しようと言う姿勢すら見えませんからねぇ。
反論するオタクは認知障害だの、データ無しに規制する手だては無いか?などと言ってる人達ですもん。
そういう漫画を出してる出版社は悪徳出版社であると言い切ってますし、私もさしずめ悪徳漫画家ですか。
まぁ自分の事だけならまだ良いのですが、実際出版社の人達や漫画家の人達とお会いした印象では、ごく普通の常識的で穏やかな人達でしたし、税金も払ってるし家族も養ってる。
それらの人達を自分たちの価値観のみで犯罪者のごとく言うのは本当に腹立たしい事です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。