スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
改正案そのものを潰すべきかと
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100319/lcl1003191700003-n1.htm
さて継続審議になりましたが、まだ安心は出来ません。
正直なところ、自分の食い扶持とか好きなものが描けなくなるというのが一番の危惧ですが、それをさっ引いても今回の改正案は首を傾げます。
規制派も表現の規制に踏み込むことを隠していませんが、それが許されることなのでしょうか?
業界側は販売方法、表現ともに自主規制などを行っており決して野放しではありません。
販売規制などのレーティング、ゾーニング等は完全ではないにしろ既に行われていますから、業界的にはこれ以上どうしろと?という感じじゃないでしょうか。
改正案も業界の自主規制を促す為だと言っているけれども、この条例自体が既にある出版流通の自主規制を前提にしてほぼ発禁に近い効力を示すことが出来ます。
都側はそれをわかってるはずなんですがとぼけてますし、一般の人もあまり知らないんでしょうね。

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100319/lcl1003191717004-n1.htm
漫画が人の精神に何らか影響があるのは当然と思いますが、どのような影響があるかは時代の風潮や読み手の資質によるところが大きい。それが良い影響か悪い影響かは人よって違うものだと。
作者の意図だって100%読み手に伝わるかはわからないものです。
エロ漫画などは後ろ暗い欲求を描く事が多々ありますが、けして現実でのそれを礼讃しているわけではありません。
また人間が成長過程で影響を受けるのは漫画だけではありません。
規制派は未だ「実害がある」科学的根拠を出せていない。
「害悪」とか「氾濫」とかイマイチぼかした表現で持って感情論で押し通そうと言う意図があるように感じます。

http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/20100317.html
取り締まりを強化するというやり方ばかり先行するのはどうなのでしょうか?
フィクションをフィクションとして楽しめない人間の方が余程不健全だと思うんですが、リテラシー教育に力を入れると言う方向の議論はなされないのでしょうか?
それはそれ?

ところで体は子供、頭脳は大人な某名探偵さんは子供ですか?大人ですか?
まぁ正解はもともと高校生なんで児童の定義に照らすとどっちにして子供扱いなんですけどね。
追記:3/24

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/100323/sty1003230331000-n1.htm
正直怒りが湧いた。酷過ぎる。
すり替えをしているのはどちらなのか?
反対派が過激な性表現のある漫画を子供の読ませたがってるとでも思うのか、バカめ。
反対派が指摘している問題点を汲む事無く「表現の自由を盾に児童ポルノを守ろうとしている輩」に貶めようとしている。
ないしは「改正案を精読せずに誤解しているバカ」か。
そもそも漫画は現状児童ポルノと定義されていない。
性表現漫画が「反社会的な行為の助長」であるのかという議論も尽くされては居ない。
こんな曲解記事がジャーナリズムとしてまかり通っていると思うと暗澹たる気分になる。

http://kill-the-assholes.x0.com/asahi20100320.jpg
※まとめサイトから転載(http://mitb.bufsiz.jp/
感情論や数の論理から個人の思想、主張を守るのが表現の自由だと思ったが、行政が規制するという考え自体がそれに反してるだろ?
ゾーニング強化やリテラシー教育と言う方向での議論をなぜ避けるのか?
「規制すること」自体が動機となっていると考えると、なぜ穴だらけの無茶な改正案を出して来るのか筋が通ってしまうんだよね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。