スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陵辱系ゲーム製造販売禁止
つーのはTBSの勇み足だったようで、実質ソフ倫がそう言う方向で規定を見直すという話なので、まだ様子を見るしかない状態であって、「何処から何処までが陵辱なのよ?」というのは即時線引きできる問題でもないよなぁ、とか。

しかしこの件、ことがソフ倫、業界の自主規制であるうちは「しかたがない」かな。
外圧に屈するのは理不尽に思うし、これが法規制するとなれば反対するが、世論や倫理といったつかみ所の無いものと擦り合せしながら商品作ってるのが元々我らの商売だから、自主規制なんて今までだってあったし、今後も世間の顔色伺いながらやってくしかない。
我らの商売そのものを守る為にも、ある程度譲歩する必要はあるのだと。
そもそも我らポルノ表現者は陵辱系の表現を「悪い事」とは思っていない。
いやまぁ世間がけしからんけしからん言うから「マズいかな?」くらいは考えるんだけども、悪い事、犯罪行為を描いても、表現行為そのものは非合法でもなんでもない。
良いか悪いかはそれぞれの倫理観に委ねられている。
けしからんと主張する人間には彼らなりの道徳や倫理があるんだろうが、こちらが受け入れてやる道理も無く、対立あるいは擦り合わせをしながらやっているのは昔も今も変わらず、今後も続いていくだろうね。
コトが「道徳」の範疇である内はあまり過剰に反応しなくても良いかなと思う。
問答無用でつぶしにかかって来る連中相手に何のんびりかまえてんの?と思うかもしれないが、出来る事も多くないように思うし、今回のソフ倫の対応がベターだったんだろう。

漫画に関してはコンビニ誌などではハード陵辱は実質NGだったんだよね、前から。
ウケないってのもあるんだけども、コンビニ流通に睨まれたくないからっていう理由もあって、ソフ倫みたいな審査団体が無いので各社微妙に線引きは違うんだけども、犯罪性の高い行為の表現はわりと禁じ手扱いよね。
書店流通ものはもっとフリーダムだけどね。

現時点で陵辱ゲーム作ってるメーカーさんとかは大変だろうけども、めげずに新しい分野を切り開いていってもらいたい。
好きな人たちにとってもしばらくガマンの時期かもしれないが、いつか復権するコトもあると信じて耐えてくれ。
陵辱系ゲームが無くなったからという理由で犯罪行為に走るのも止めてくれ。
そんな事をすればますます我らの立場が不利になるだろうし、フィクションだからこそ安心して楽しんでるんであって、実際の犯罪行為に欲求を持ってるとか、そんな危険な連中ではないという信頼を得るべきだ。

追記:
はてさて、あれから今も熱心にこの問題を議論しているブログ等を見ていると、どこぞの議員からソフ倫に対して圧力なるものがあった、としているのをいくつか見かけます。
自主規制と言う形を取った為に見え難くなっているが、実質外部からの規制、言論弾圧ではないかということです。
先に「しかたがない」と書きましたけども、こうなるとしかたがないでは済まされない気もしてきます。
しかしねぇ、我ら制作者や愛好者ってのは業界規模も小さく、ユーザー人口も少ないマイノリティで、基本的に「放っといてくれ」ってスタンスであって、ポルノの解放を訴えたいとか政治活動がしたいわけでもないですし、そもそも糊口をしのぐのに手一杯で政治活動とかしてらんないですよねぇ。
大部分の人には無くても困らないものなので、味方も少ないです。
周りに迷惑をかけずこっそり楽しめればそれで良いというだけなんで、闘う理由も闘い方も持ち合わせてないのに、向こうは無茶な言いがかりつけてでも殴り掛かって来るような連中な訳です。それを言論の自由を盾になんとか守りに入っているという状態ですよね。
コトが倫理の問題だけに内部でも陵辱系の是非には意見が別れますが、そう言う自浄作用を業界が持つってのは大いに結構ですが、しかしてその権利はこちらが持っていたいですよね。
無論けしからんと言う権利は向こうも持ってるんですが、数の論理や議員に働きかけてつぶそうとするのはどうなんでしょう。
なーんか嫌な世の中だ。
ちなみに、重複しますが陵辱系とか好きなのって、実際に強姦をしてみたいけどできないからとか、抑圧された欲求をゲームで昇華しているってのは大多数にとっては違うと思うのですよ。フィクションという安心感に守られた中でちょっぴり背徳感を味わいたいだけだと思うんです。
バイオレンス映画を見てスカッとした所で実際に人を殺したいとか毛ほども思わないですよね、普通。
まぁなんでゲームが抑止力になるってのは助長するの裏返しなだけで、現実に影響があるっていうことになってしまいそうなので、あまり好きな理屈じゃないですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。